クリニックコンテンツ
医院案内

当院のポリシー、診療時間をお伝えします。


診療案内

診療疾患および症状と当院での対応。


検査案内

MRIを始め、当院では全身の検査が行えます。


専門外来

頭痛・メマイ・認知症など。


アクセス

詳しい当院の周辺地図。

診療案内

当院の標榜科は、内科・外科・神経内科です。実際にどのような疾患・症状にどのように対応しているか紹介いたします。

内科


生活習慣病:高血圧・メタボリック症候群・糖尿病・高尿酸血症・脂質異常症・動脈硬化症・がんなど

     

::対応::
早めの診断、食生活・生活習慣の健全化がポイントです。
食生活や生活習慣の指導を資料などをお渡ししわかりやすく行っています。

 

     

呼吸器疾患:気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患(肺気腫・慢性気管支炎)など

     

::対応::
慢性閉塞性肺疾患は加齢による病気ですが、喫煙が原因となったり悪化の要因となることが多いので、禁煙の指導を行っています。

 

     

循環器疾患:不整脈・狭心症・心筋梗塞・弁膜症・動悸・頻脈・低血圧など。

     

::対応::
緊急な対応を要するすることも多く、その際には提携先医療機関に紹介します。慢性期は服薬に加え、食生活・生活習慣の健全化が肝要です。また定期的に心電図・心エコー・胸部レントゲンなどでフォローします。

     

 

消化器疾患あるいは症状:急性肝炎・BあるいはC型慢性肝炎・アルコール性肝炎・肝硬変・胆石・胆のうポリープ・胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎・胃がん・大腸炎・大腸ポリープ・過敏性腸症候群・大腸がん・口内炎・舌炎・痔核・腹痛・食指不振・モタレ・嘔気・下痢・便秘など。

     

::対応::
慢性肝炎は適切な治療を行わないと肝硬変さらには肝がんへと進行します。大腸ポリープはいずれがんへと進行します。下痢・便秘は大腸がんの主症状です。大腸がんは食事の傾向で増えつつあります。我国では胃がんも相変わらずポピュラーです。定期的な画像検査を勧めています。
ストレス社会で胃潰瘍・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎が増えています。薬物療法が有効です。食事や生活習慣の健全化も重要です。

 

          

内分泌疾患:甲状腺機能亢進あるいは低下症・生理不順・無月経乳汁漏症候群・更年期障害・骨粗鬆症など。

        

::対応::
ホルモン検査が基本です。脳・甲状腺・性腺・副腎などの腫瘍が原因のこともあります。必要に応じてMRIによる画像診断を行います。治療はホルモン治療。ホルモン補充療法が主体です。

     

 

           

代謝性疾患:だるい・疲れやすい・夏ばて・熱中症・こむら返り(手足のつり)など。
     

 

     

::対応::
ミネラルや体液バランスの異常が原因のことも多く血液検査を行います。こむら返りでお悩みの方は、容易に予防・治療できますので、一度受診ください。

 

    

感染症:感冒・扁桃腺炎・肺炎・インフルエンザ・麻疹・風疹・水痘・耳下腺炎・感染症胃腸炎(いわゆる胃腸カゼ、感染症では最も患者数が多く、夏でも流行します)・細菌性結膜炎・膀胱炎・腎盂腎炎・尿道炎など。

    

::対応::
感染症の予防は体調を整えておくことと身体の清潔を保つこと。原因となる病原体の同定を行い、有効な抗生剤・抗菌剤・抗ウイルス剤などの化学療法を行います。やはり早めの治療が肝心です。

     

 

         

外科

     

皮膚あるいは皮下腫瘍:類上皮腫・脂肪腫・ほくろ・いぼ・魚の目・水いぼなど、またはこれらや皮膚の病気に細菌感染を来たし化膿する膿瘍。

     

::対応::
いずれも安全・短時間の外来処置あるいは手術で対応。膿瘍になると、治療に一ヶ月要します。化膿する前に受診しましょう。

 

     

外傷:皮膚の擦過傷・挫創・切創・咬創・熱傷・皮下異物・打ち身など。
     

::対応::
基本的には院内で対応しています。概ね1〜2週間の通院を要します。

      

 

                    

その他:陥入爪(巻き爪ですが、根治的手術も外来で施行しています)、気胸(胸痛、軽度の息切れが症状ですが、緊急の対応を要しますので、提携医療機関に紹介します)

 

        

神経内科

比較的新しい科で、神経疾患を内科的に診断・治療を行うのが本来の役割ですが、統合失調・神経症・パニック障害・うつ病・不眠・過換気症候群など精神疾患にも対応しています。  

 

脳血管障害あるいは病変:一過性脳虚血発作・脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・椎骨脳底動脈不全・脳動脈瘤・脳動静脈奇形・脳血管腫など。

::対応::
神経学的検査・MRIなどによる画像検査が必須です。速やかに施行し、速やかに診断を下します。緊急な対応を要することも多く、その際には提携先医療機関に紹介いたします。慢性期は投薬と食事・生活習慣の指導が主体となります。

 

                  

神経疾患:錐体外路障害(パーキンソン病など)・多発性硬化症・多発性神経炎・筋萎縮性側索硬化症・脊髄小脳変性症など。

     

::対応::
多くの神経疾患が完治を見込めません。薬物療法と生活指導が中心となります。パーキンソン病に対してはいくつかの有効な薬が登場し、奏効しています。

     

 

     

日常よく見られる神経症状:振戦(手などの震え)、頭痛、めまい、平行障害、構音障害(ロレツの回りが悪い)、聴力障害、耳鳴、顔面痙攣、三叉神経痛(顔面の鋭い痛み)、顔面麻痺、複視(物が二重に見える)、視野障害など。

脳や神経の機能的あるいは病的変化が原因のことが多いです。ストレス・不安・心配など精神的なもの、また代謝性疾患が要因となることもあります。病態としては、様子を見ればよいものから緊急の対応を要するものまであります。重篤な脳・神経疾患の予兆の可能性もあります。
確定診断には的確な神経学検査・MRIなどによる画像検査・血液検査などが中心となります。

     

 

            

種々のテンカン:真性テンカンと二次性テンカンがあります。      

::対応::
二次性テンカンは脳の障害(傷害)や病的変化が原因となります。脳腫瘍・動静脈奇形など脳外科的対応さらに緊急対応を要する場合もあります。その鑑別には脳MRI検査が必須です。脳波は、緊急時さらに慢性期のフォローに欠かせません。いずれのテンカンも慢性期は薬物治療と脳波によるフォローを行います。

     

 

     

末梢神経の障害:尺骨神経麻痺・橈骨神経麻痺・手根管症候群・腓骨神経麻痺(いずれも手足の末梢のシビレ主体、時に麻痺)など。

     

::対応::
消炎鎮痛剤・ビタミンB1・6・12が有効です。時には外科的な治療を要することもあります。

     

 

                 

神経系の障害を主体とする外傷:頭部外傷(脳挫創、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、外傷性脳出血など)・脊椎外傷

     

::対応::
レントゲン・MRIなどの画像検査が有効です。専門的治療を要する場合もありその際には連携医療機関に紹介いたします。

     

 

          

炎症性あるいは感染性疾患:帯状疱疹・脳炎・髄膜炎など

          

::対応::
いずれも速やかな薬物療法が主体となります。

      

 

           

その他

泌尿器科的疾患:尿道炎・尿管結石・前立腺肥大・前立腺がん・頻尿・尿失禁・腎ガン・膀胱がんなど。

     

::対応::
腎孟造影・MRI・超音波エコーが診断に有用です。前立腺がんの診断・フォローにはPSAが極めて有用です。

      

 

     

整形外科的疾患:肩関節周囲炎(四十肩)・捻挫・打撲・腰痛・膝関節症・鞭打ちなど。

     

::対応::
診断には、レントゲン・MRI撮影が有用です。治療は消炎鎮痛剤による薬物療法が主体となります。体操や自分で出来るリハビリを指導します。

     

 

        

アレルギー性疾患:花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・アレルギー性皮膚炎・アトピー・蕁麻疹など

::対応::
いずれも抗アレルギー薬が有効です。花粉症は早めの対応が肝心です。1月下旬から服薬を始めましょう。

     

 

        

耳鼻咽喉科的疾患:睡眠時無呼吸症候群(最近増えています、肥満に注意しましょう。提携医療機関の専門外来に紹介します)・中耳炎・副鼻腔炎・蓄膿症・鼻閉など。(最近、慢性副鼻腔炎や蓄膿症が原因の頭痛が増えています。お子様であれば学業成績が落ちます。大人の方は、仕事の能率が落ちます。診断はMRIで行い、半年の投薬できれいになります。鼻の調子が悪いあるいは前頭部の頭痛や目の奥の痛い方は受診して下さい)

 

婦人科疾患:生理不順・無月経乳汁漏・子宮がん・子宮筋腫・卵巣のう胞など。

::対応::
骨盤腔MRIでほとんどの病変が把握できます。膣スメア検査を行うこともあります。婦人科疾患は脳腫瘍が原因の場合が稀ならずあります。脳MRIとホルモン検査を行います。