クリニックコンテンツ
医院案内

当院のポリシー、診療時間をお伝えします。


診療案内

診療疾患および症状と当院での対応。


検査案内

MRIを始め、当院では全身の検査が行えます。


専門外来

頭痛・メマイ・認知症など。


アクセス

詳しい当院の周辺地図。

当院の基本コンセプト 2.定期的な健康チェックのススメ

上町クリニックでは様々な診療科目に対応され、また大病院並みの医療設備が整っているとのことですが、医院では稀なMRIも設置されてますよね?
これはどういったご理由によるものなのですか?


脳をきちんと見るためにはMRIが不可欠なんですよ。また長期に渡って内科を 中心に健康な方の健康チェックを行って来ましたが、健康に見える人々の中に、いかに多くの生活習慣病予備軍の方がいらっしゃるかを実感したんですよ。


そうなんですか・・・ちょっと怖いですね。


ええ、そうなんです。病気ではがんも怖いですが、脳梗塞をはじめ脳内管障害はもっと悲惨です。


脳についての知識が乏しいため、『脳の病気』と聞くと少しドキっとしますね。


実際に脳の病気は恐ろしいですよ、病気ではガンも怖いですが。特にクモ膜下出血に至っては、破れると半分くらいの方が、手の施しようがなくお亡くなりになります。しかも95%のケースが何の前触れもなく突然起きてしまうのです。


ではどのように対応すればよいのでしょうか?何か対策とかはないのでしょうか?


当院がMRIを導入した理由もそこにあります。これまで原因を見つけることはほとんど不可能に近かったのですが、MRIで検査を行うことにより、15分程度で脳の血管の細部まで写すことが可能になったのです。破れる前であれば難度の高くない手術やカテーテル操作で対応が出来ますし、2週間程度の短期入院ですみ、何の後遺症もありません。


そうなのですか!発症すると死に至る病気にもかかわらず、発症前に手術をすれば、後遺症も残らないとは、本当に大きな差ですよね。


ほとんどの生活習慣病がそうであるように、脳の病気も発病するまでにかなり長い年月がかかります。そのため当院では脳ドックというのをおこなっているんです。


脳ドックって実際どういった事を行うのですか?


最新の検査設備であるMRIを駆使して、脳梗塞・ボケ・脳腫瘍等の卵や、クモ膜下出血の原因となる血管の変化を発見するのがメインです。


問題が見つかるとどうなるのでしょうか?


実際MRIでは1ミリ以下の病変も捉えることが出来るので、悪性脳腫瘍も数ミリのものであれば、現代医療ではガンマーナイフなどで完治が可能です。


こちらで行われている検査でガン検査も行っていると伺ったのですが。ガンに関してもやはり、定期的に検査を行ったほうが良いのでしょうか?


もちろんです。重要なのは、いかに早期発見をして未然に防ぐかなのです。ポピュラーながんは、早期発見できればほぼ100%助かります。


そうなんですか!!よく早期発見とか耳にしたことはありましたが、ほとんどの可能性で助かることが出来るのですね。


当院では皆様に安心して毎日をお過ごしいただくために、脳ドック・人間ドック・ ガン検診などの検査を『予防医学』の一環として、食事療法と共に行っております。検査に関しては予約制となっておりますので、少しでも気になる方はお早めにお問い合わせ下さい。