脳動脈瘤(りゅう)の治療件数の病院ランキングです。2017年の実績ベース。関東・東京エリアが対象です。厚生労働省(厚労省)のデータに基づいています。1位が埼玉医科大学国際医療センター。2位は東京慈恵会医科大学附属病院、3位は順天堂大学医学部附属順天堂医院となっています。脳ドッグ専門の医師やクリニックを探しましょう。(医療・介護情報メディア「リトリート」編集部 大畑亮介)。

治療件数のトップ30【関東】~2017年実績

順位 病院名 治療数
1位 埼玉医科大学国際医療センター
(埼玉)
326
2位 東京慈恵会医科大学附属病院
(東京)
200
3位 順天堂大学医学部附属順天堂医院
(東京)
180
4位 獨協医科大学埼玉医療センター
(埼玉)
141
5位 横浜新都市脳神経外科病院
(神奈川)
138
6位 東京女子医科大学病院
(東京)
131
7位 武蔵野赤十字病院
(東京)
126
8位 獨協医科大学病院
(栃木)
110
9位 虎ノ門病院
(東京)
109
10位 横須賀共済病院
(神奈川)
104
11位 昭和大学病院
(東京)
100
聖麗メモリアル病院
(茨城)
100
13位 総合病院国保旭中央病院
(千葉)
97
14位 聖路加国際病院
(東京)
92
15位 東京医科歯科大学医学部付属病院
(東京)
90
日本医科大学千葉北総病院
(千葉)
90
17位 北里大学病院
(神奈川)
88
18位 横浜医療センター
(神奈川)
86
19位 森山記念病院
(東京)
82
20位 東京都立多摩総合医療センター
(東京)
80
21位 東海大学医学部付属病院
(神奈川)
78
22位 筑波メディカルセンター病院
(茨城)
77
23位 帝京大学医学部附属病院
(東京)
76
24位 横浜市立大学附属市民総合医療センター
(神奈川)
75
25位 総合新川橋病院
(神奈川)
73
26位 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
(神奈川)
72
27位 水戸ブレインハートセンター
(茨城)
69
北原国際病院
(東京)
69
杏林大学医学部付属病院
(東京)
69
埼玉医科大学総合医療センター
(埼玉)
69
東京都立墨東病院
(東京)
69

脳動脈瘤とは

脳の動脈の一部分がこぶのようにふくらんできます。

血圧に耐えられないようになると、こぶは破裂して出血してしまいます。

こぶができるのは先天的に脳動脈の壁が弱くて、長い間に血圧に押されてふくらむ場合と、脳の動脈硬化や細菌感染、頭部外傷などで動脈がふくれる場合があります。

出血が止まっても、放置するとまた出血して死亡する確率が高いものです。

症状

ふつうこぶができるだけでは炎症は出ず、なんの前ぶれもなく突然破裂して出血してしまいます。

重症の場合は身体の片側の麻痺や失語症といった後遺症が残ります。

治療

破裂した動脈瘤に対しては、再出血を予防するための手術をすることが望ましいものです。

手術ができない場合は脳圧降下剤などの薬剤を使用します。

まだ破裂していない動脈瘤に対しては、大きさにより手術を考えます。

<引用文献>
「家庭の医学 病気がわかる事典」